看護師の転職を成功させる5つのポイント

ここでは、看護師の皆さんが転職を成功させるうえでぜひとも意識してほしい5つのポイントを元・プロの転職アドバイザーの視点からまとめました。看護師は慢性的な看護師不足により売手市場が続いていますので、他の職業と比較するとかなり転職がしやすい状況が続いていますが、それでも皆さんが必ずしも転職に成功しているわけではありません。

看護師の皆さんが特に注意するべき失敗は「転職できなかった」という失敗ではなく「間違った職場に転職をしてしまった」という失敗だと思います。そして、いくら売手市場の看護師とはいえ、さすがに何度も短期間での転職が重なると徐々に転職するのが難しくなっていってしまい、結果として条件が悪く人気のない職場で働かざるを得なくなる可能性もあります。

間違った一歩を踏み出さないためにも、ぜひ一度下記の5ポイントを確認してみてください!

  • 転職の理由を明確に!
  • その問題解決手段として転職は本当に一番か?
  • 一人で決めず、プロに相談する!
  • 自分のタイミングだけではなく相手のタイミングも考える!
  • 事前の情報収集が全て!

ここではそれぞれのポイントについて詳しくご紹介していきます。

転職の理由を明確に!

まず一番大事なことは、転職の理由を明確にすることです。「なぜ転職したいのか」「なぜ辞めたいのか」。この問いに対して漠然とした回答ではなく、明確に即答できるまでは、また転職の時期ではないでしょう。

「職場の人間関係に耐えられない」「今の職場では精神的・体力的に持たない」「給料が安すぎるのでもっと待遇が良い職場で働きたい」「もっと自宅から近いところで働きたい」「結婚を機に、急性期は辞めてゆとりを持って働ける慢性期やクリニックで働きたい」などなど、転職したい理由は人によって様々だと思いますが、大事なのは自分の中で「なぜ」をしっかりと持っていることです。なぜなら、転職とは、あくまでその「理由」を解決する手段の一つに過ぎないからです。

特に新人看護師の方は注意が必要です。新人看護師の方の中には、入職して数ヶ月働いてみてリアリティ・ショックを受けて仕事が嫌になってしまった方、プリセプターと気が合わずに出勤する気持ちになれない方、失敗が続いて「自分にはやっぱり看護師は向いていない」と感じてしまった方などがいっぱいいると思います。

しかし、こうした最初の経験は誰にでもあるもので、そのほとんどは時期を重ねれば乗り越えられるものばかりです。ここで早まって仕事を辞めたり転職したりしてしまうと、場合によっては今後のキャリアが台無しになってしまう可能性もあります。ぜひ新人看護師の方は、いくら仕事が嫌になったとしても最初は慎重に行動するように心がけましょう。

その問題解決手段として転職は本当に一番か?

転職する理由が明確になったら次に考えてほしいのは、その転職理由、つまり問題を解決する手段として、本当に転職は一番優れた手段なのか、ということです。当然ですが、転職は万能な解決手段ではありません。例えば、人間関係を理由に転職を考える場合、転職すると更に人間関係が悪い職場になってしまうリスクもあります。そもそも、全く問題がない職場などありませんから、大事なのは問題から逃げることではなく、どのようにその問題と向き合い、対処するか、であることも多いのです。

人間関係の悩みの場合、自分と関係が良くない人がいつまでもあなたの職場にいるとも限りません。また、自分自身も異動してしまう可能性もありますし、どうしても関係が上手くいかないのであれば、配置転換を上司に申し出ることもできます。また、そこまでしなくても、当事者としっかりと向き合い、ポジティブな方向へと関係性を改善していくこともできますし、上司に相談して上司に改善の糸口を探してもらうことも可能でしょう。人間関係のトラブルについては、転職を考える前にできることは往々にして数多くあるものです。

このように、転職を考えるにいたった理由、つまり問題を特定したら、次はその問題解決に向けて最善の手段を考えることが重要です。最善の手段を考えた結果として転職という選択肢をとるのであればそれは問題ありませんが、そうではない場合、せっかく転職したとしてもまた次の職場で同じ問題を抱えてしまう可能性があるからです。

もし問題が職場ではなく自分自身にあるのだとすれば、自分自身が職場を変えたところで、問題は解決しないのです。転職支援の世界では「本当に変えなければいけないのは、職場ですか?それともあなた自身ですか?」という言葉がありますが、ぜひ一度、この言葉を自分自身の胸にあてて考えてみるのもよいでしょう。

一人で決めず、プロに相談する!

「転職するかどうか」「転職するとして、どのような方向で転職活動を進めるべきか」「本当にこの病院に入職して大丈夫かどうか」。こうした今後を決める大きな決断をする際には、一人だけで決めず、プロの意見を聞くことが重要です。看護師転職の難しい点は、看護師という自分の仕事の特性と、転職やキャリアに関する知識という両方を重ね併せた人を周囲で見つけるのがとても難しいという点にあります。

家族や普段の友人は看護師の仕事についてはわからないことが多いでしょうし、看護学校時代からの同期は仕事の悩みは相談できても転職のプロではありません。だからこそ頼りになるのが、両方の知識を併せ持つ、看護師転職サイトのキャリアアドバイザーなのです。

また、キャリアアドバイザーが友人や家族、同僚などと違って良い点は他にもあります。それは、ずばり他人だからこそ、お互いに本音を共有しあえるという点です。あまり関係が近い人同士だと、お互いのことがよく分かっているからこそ言えることもあれば、その逆に言えないことも多いのです。

「本当はこう思っているのだけど、言えない」といったような状況は、親しい間柄でよく起こりがちな、お互いを気遣うからこその遠慮です。しかし、キャリアアドバイザーのような赤の他人であれば、お互いに遠慮する必要はありません。自分の気持ちも本音で伝えることができますし、逆にアドバイザーもあなたのためにならないと思ったことははっきりと指摘してくれます。

そして、転職のような今後の人生を決める場面では、こうした客観的なアドバイザーの存在が実はとても重要なのです。こうした適度な距離感を保てるアドバイザーが一人いるだけでも、転職時の安心感は全く異なります。ぜひ看護師転職サイトを上手に利用して、信頼できるアドバイザーと出会いましょう。

自分のタイミングだけではなく相手のタイミングも考える!

転職にはタイミングが重要です。そして大事なのは、自分のタイミングだけではなく、転職市場のタイミングも考えるということです。

自分のタイミングとは、「入職して3年たった」「結婚した」「出産した」「一通り子育てが終わった」「旦那の転勤が決まった」などあなた自身の人生におけるタイミングのことを指します。こうしたライフステージの変わり目を機に転職をするという方も多いと思いますが、忘れてはならないのは、あなたと同様に、採用する病院やクリニック側にもタイミングがあるということです。例えば、看護師の転職市場は1年間でも求人の量に波があります。もっとも求人が盛り上がる時期は4月入職に併せた1月~2月ごろの求人です。また、9月入職に合わせた夏の求人、夏・冬のボーナス後なども退職者の増加に伴う欠員募集が増え、転職市場が盛り上がります。

このように転職市場にも波があり、少しでも求人が多い時期に活動をしたほうが、選択肢が広がり理想の職場に転職する可能性が高まります。そのため、自分の人生におけるタイミングももちろん重要なのですが、それと同時に転職市場のタイミングも頭に入れておくことが重要なのです。

こうした転職市場全体の流れについては自分自身で把握するのはかなり難しいと思いますので、ぜひ看護師転職サイトのキャリアアドバイザーに教えてもらいましょう。

事前の情報収集が全て!

最後のポイントは、ずばり「事前の情報収集が全て」という点です。これは看護師の世界に限らずどの世界でも共通して言えることなのですが、本当に大事な情報は、実は表にはあまり出回っていません。

病院の体質、院長の性格、職場の人間関係、平均年齢、看護師長の人間性、実際のシフト状況、メインとなる患者のタイプ、医者のレベル、給与テーブル、院内での人事異動の状況などなど、皆さんが本当に知りたい病院やクリニックの内情は、いくらウェブ上を検索してもなかなか出てきませんし、仮に情報を見つけたとしても、それが本当に信頼できる情報なのかどうかはわかりません。

こうした情報を入手するためには、実際に職場見学に行く、患者として通ってみるなど自分の目で確かめるのもとても重要なのですが、それも全て自分でやるのはなかなか大変です。

そこで頼りになるのは、やはり看護師転職サイトなのです。看護師転職支援会社は、過去の利用者から聞いた職場の口コミや、実際の取材や面接同行から得た情報など、上記のような外部からは知りえない看護師求人の内部情報を非常にたくさん持っています。

そしてそれらの貴重な情報は、無料サービスに登録するだけで教えてもらえるのです。転職後のミスマッチを防ぐ上で一番大事なのは、何といっても事前にどれだけ質の良い情報を多く収集できたかにつきます。そのためには、転職する、しないに関わらず、看護師転職サイトを利用しない手はないのです。ぜひ事前の情報収集を怠らず、十分な準備をしたうえで意思決定をしましょう!